Umimile(ユミマイル) Automatic Soap Dispenser
充電タイプのセンサー式ソープディスペンサー

Umimile(ユミマイル) Automatic Soap Dispenser 2-Chamber(自動 ソープディスペンサー ダブルヘッド)
キッチンに置くため液体と泡それぞれの物を探していたところ、液体と泡がセットになっているこの商品を見つけ購入しました。
YUKI
話題の商品や家電、ガジェットなど自分なりに良いと思えるものをたっぷりの写真と共に紹介していきます。
なぜこの商品を選んだのか

キッチンで利用するために液体の食器洗い洗剤と泡の手洗い洗剤をまとめて自動化できないかと思い商品を探していてたどり着きました。

製品紹介

液体と泡がそれぞれ1口ずつついた充電式の自動ソープディスペンサーです。

左が液体、右が泡で液体と泡の切り替えはできません。

手やスポンジを差し出すことで自動吐出されます。

吐出量は3段階で調整可能ですが左右で別の吐出量を設定することはできません。

購入品概要


製品名 Automatic Soap Dispenser 2-Chamber(自動 ソープディスペンサー ダブルヘッド)
ブランド名 Umimile(ユミマイル)
購入時価格(税込) 4,880円

スペック


サイズ ・幅15cm×奥行8cm(上部) 5cm(下部)×高さ18cm
重量 ・540g
防水・防塵性能 ・IPX4相当
バッテリー ・容量:1,200mAh
・連続稼働回数:6,000回
・充電時間:2~3時間
同梱品 ・本体
・洗剤ボトル:左右1つずつ(本体装着済み)
・洗浄用水差し
・USB Type-A to Micro USB Type-Bケーブル
・詰め替え時期メモ用のシール
・ボトルを用キャップ
・壁掛け用のフックシール
・説明書
・保証書
・初回プレゼントの案内

 

パッケージ


パッケージ正面と背面には製品の写真が大きく載っていて、左右は正しい手の洗い方と製品仕様がありました。

開封


早速開封していきます。開けると箱いっぱいに本体が収まっています。

本体は上部の方が大きくなっているのでくぼんでいる部分に付属品類が入っていました。

本体


本体を見ていきます。

ボトルは本体に装着された状態で箱に入っていました。

左側が液体、右側が泡の吐出口です。液体と泡を切り替えることはできません。

ノズル奥の黒い部分がセンサーになっているのでこのセンサーが反応する範囲に手やスポンジを差し出すと吐出されます。

裏面には同梱されていた壁掛け用のフックシールとの接続用のフックと充電用端子が付いています。

上部は静電容量式のボタンが付いています。長押しで電源のON/OFF、短押しで吐出量を3段階で変更できます。

ボトルは回しながら本体と着脱する形でそれぞれ300mlの容量です。

新品なのですがチューブ内に水が入っていました。動作テストのために通したものなのかもしれませんが気になるので洗ってから利用しました。

同梱品


中華製品あるあるで付属品が色々と同梱されていました。
それぞれ紹介していきます。

洗浄用水差し
使い続けることで洗剤が固まってしまうなどしノズルが詰まってしまった場合に利用します。
水差しに水を入れてチューブ側から水を流すことで詰まりを解消します。

USB Type-A to Micro USB Type-Bケーブル
充電用のケーブルです。アダプターは同梱されていないので別途購入するか手持ちのものを利用する必要があります。

詰め替え時期メモ用のシール
詰め替えした時期をメモしてボトルに貼るためのシールです。

ボトル用キャップ
ボトルを取り外した際などに利用できるキャップです。
洗剤詰め替え時に空になったボトルを水ですすぐ際にも利用できます。

壁掛け用のフックシール
シールを壁掛けしたい部分に貼り付けることで本体裏面のフックで壁掛けとして利用することができます。

説明書
製品の説明書です。

保証書
製品の保証書です。不良があった場合の連絡先が記載されています。

初回プレゼントの案内
購入サイトへのレビューを書いて報告することで泡タイプの液体手洗い石鹸を送ってくれます。

設置

ボトルをひねるようにして外し、左側に液体、右側に泡で出すための洗剤や石鹸を入れて、またひねるように本端にセットすれば完了です。

上部の電源ボタンを長押しすると電源が入ります。

Umimile(ユミマイル) ソープディスペンサー
私は左の液体側に食器洗い洗剤、右の泡側に泡で出るハンドソープを入れています。
良い点

料理中手が汚れていても洗剤が出せる


自動で出てくることのメリットを一番感じたのが料理中でした。

お肉などを触った後に手を洗う際に本体に触れずに手洗い石鹸を出すことができるのはとても便利です。

食器洗い洗剤もお皿を洗っている最中に洗剤を追加すると、今まではボトルが濡れてしまっていましたが触れずに出すことができるので衛生的になったと感じています。

悪い点

ボトルを片方外した状態では自立しない


ボトルへの洗剤詰め替えじなど片方のボトルを外してしまうと本体は自立をしなくなってしまいます。

そのため何かに立てかけておくか、詰め替えしない方のボトルも取り外して本体を寝かせておく必要があります。

構造的に仕方はないとは思いますが地味に手間を感じる部分です。

左右のノズルで別の吐出量を設定出来ない


吐出量は3段階で設定可能なのですが、これは左右のノズル共通の吐出量なので別々の量を設定することができません。

洗剤は少なめにしたいが、ハンドソープは少し多めにしたいという設定はできないので個人的には少し不便に感じています。
(ボタンが1つだけなので操作的に今のハードで叶えるのは難しそうです)

使用感

ファーストインプレッション


キッチンのボトルをまとめられそうで非常に良いです。

容量も左右それぞれ300ml入るのでこまめに変える必要はありません。

吐出量の変更


吐出量は左右共通で「少量」「中量」「多め」から設定可能です。

上部の電源ボタンを短押しすることでLEDの色が変わります。色と量の関係は以下の通りです。

  • 緑:少量
  • 青:中量
  • 白:多め

電源を切る


電源のON/OFFは上部の電源ボタンを長押しすることで行います。

LEDが白色に光ると電源ON、オレンジ色に2度点滅するとOFFになった状態です。

充電切れと充電


吐出中にLEDがオレンジ色に光ると充電が少なくなっています。

充電は背面のMicro USB Type-B端子で行います。

防水キャップが付いているので外して付属のケーブルを手持ちのアダプターに接続し充電を行います。

充電中はLEDがオレンジ色に点灯し、完了すると白色の点灯に変わります。

Umimile(ユミマイル) ソープディスペンサー 充電中

LEDが青と緑交互に点灯した場合の対応


いつも通りに利用していたところ上部のLEDが青と緑に交互に点灯し始めました。

説明書を見てみるとセンサー部分の汚れを検知した際に発生するようです。

実際に見てみるとセンサー部分に受け取りきれなかった手洗い石鹸が付いていたので、一度電源を切ってからティッシュで拭き取ると元に戻りました。

Umimile(ユミマイル) ソープディスペンサー
まとめ

液体と泡をどちらも使っている方にはお勧めできます。

私の場合、食器洗いも手洗いもボトルに触れず利用できる便利さからもう離れられないくらいメリットを感じています。

液体と泡が1台になっているものは少ないのでとりあえずこちらを買っておけば期待には応えられると思います。

今週の人気記事