blog_image_1
IP性能とは

防塵、防水の性能を表すIP性能の説明
防塵、防水の性能を表すIP性能の等級について解説します。
liflog logo
気になる商品の紹介と実際に継続利用した結果をお伝えし毎日を少し良くするアイテムを発信しています。

IP(International Protection)性能とは、その後に続く数字でそれぞれ防塵と防水の性能を表しています。

手前の数字が防塵性能、その後の数字が防水性能の値です。

IPX6相当と表示があった場合、防塵性能はなく、防水は6等級ということになります。
(Xを0と表示する場合もあります。)

防塵性能(0~6)

X(0):保護なし

1:直径50mm以上の固形物が中に入らない(握りこぶし程度を想定)

2:直径12.5mm以上の固形物が中に入らない(指程度を想定)

3:直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない

4:直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない

5:有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)

6:粉塵が中に入らない(耐塵形)

防水性能(0~8)

X(0):保護なし

1:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)

2:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)

3:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)

4:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)

5:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)

6:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)

7:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)

8:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

今週の人気記事