STARESSO Mini(スタレッソ ミニ)
電源不要&持ち運び可能なエスプレッソマシン

STARESSO mini(スタレッソ ミニ)
250mlの缶とほぼ同じ大きさで持ち運び可能な手動式のエスプレッソマシンです。コンパクトで電源不要なので自宅はもちろんキャンプなどアウトドアでも利用可能です。
YUKI
話題の商品や家電、ガジェットなど自分なりに良いと思えるものをたっぷりの写真と共に紹介していきます。
なぜこの商品を選んだのか

電源に接続する大型のタイプではなく、週に何回か飲みたい時にエスプレッソが入れられればと思い、手動式のエスプレッソマシンを探し始めました。

せっかく電源を使わないのであればキャンプなどのアウトドアでも利用できる持ち運び可能なサイズに絞りって色々比較しました。

手動式でかつコンパクトなものはポンプを数回押すことで圧力を確保することになるようです。

本体側面にボタンが付いていて押し込むタイプもあったのですが、力を入れるのが難しそうであったため、上から押し込むことができる今回のタイプを選択しました。

製品紹介

折りたたむと250ml缶と同程度の大きさになるコンパクトな手動式エスプレッソメーカーです。

挽いたコーヒー豆とお湯があれば電源不要でエスプレッソを入れることができるので、アウトドアでの利用も可能です。

購入品概要


製品名 STARESSO Mini(スタレッソ ミニ)
カラー グレー(journal standard Furnitureコラボ)
JANコード 6971690860028
ブランド名 STARESSO(スタレッソ)
購入時価格(税込) 13,200円

スペック


サイズ ・収納時:幅6cm×奥行6cm×高さ15cm
・展開時(使用時):幅6cm×奥行6cm×高さ25cm
重量 ・390g
カラー・タイプ・サイズ展開 ・カラー:黒 / グレー(journal standard Furnitureコラボ)
・タイプ:ノーマル / Mini
同梱品 ・本体
・専用携帯ケース:1つ
・タオル:1枚
・清掃ブラシ:1つ
・シリコンリング:2つ
・計量カップ:1つ

 

パッケージ


今回購入したのはjournal standard Furnitureコラボの本体がグレーなタイプですが、パッケージには通常カラーの黒色がプリントされています。

コラボモデルであることを示すJSマークは入っていますが本体はブラックではないので店頭などで購入する場合は気をつけてください。

使い方などの細かな説明はなく、裏面も容量や素材など本体の情報と企業情報が記載されているだけです。

開封


早速開封していきます。

箱を開けると付属品の下に専用ケースに収納された本体が入っています。説明書は日本語でした。

本体


本体を専用ケースから取り出します。

ケースはカーボン柄でやや弾力のあるハードタイプです。

ケースとの統一感は通常の黒本体の方が良さそうな印象です。

ケースには本体と合わせてSTARESSO(スタレッソ)のロゴが入ったタオルが入っています。

このタオルはエスプレッソの抽出には不要なのでおまけだと思っています。

展開前の本体を見ていきます。

全体がグレーに統一されていて綺麗にまとまっています。

展開時カップとして使うパーツだけは表面がシリコンになっているので、折りたたみ状態では本体の他の部分と質感が異なります。

高さは15cmしかないのでエスプレッソマシンとは思えないほどコンパクトです。

本体を分解してみます。

一度行えば慣れられるくらい簡単な仕組みです。

収納時はポンプも短くなっているので本当にコンパクトです。

同梱品


本体には収納できませんが計量カップが付属しています。

エスプレッソ1回分の挽いた豆を量ことができます。
が、カップが大きすぎて入れにくいので手持ちのティースプーンなどで入れた方が良いと思います。

底面で充填した豆を軽くプレスすることもできます。

清掃用のブラシとシリコンリングが2つ袋に入っています。

清掃用ブラシにはSTARESSO(スタレッソ)のロゴが入っています。

シリコンリングはどのパーツなのか不明でサポートに問い合わせ中です。
返事があればこの記事を更新してお知らせします。

説明書には製品の使い方と洗い方の記載があります。

1回使って洗えば慣れるくらいに簡単ではありますが、一部説明がわかり辛いところがあるので、抽出と洗浄の方法は記事の後半で写真と共に紹介します。

ケースの中に本体と共に入っていたタオルです。

表裏で色味が異なり表目面にはSTARESSO(スタレッソ)のロゴが入っています。

良い点

電源不要挽いたコーヒー豆とお湯があれば抽出可能


なんといっても手軽さが良いです。

挽いたコーヒー豆とお湯があればエスプレッソが出せるので家での利用はもちろん、キャンプなどでもお湯さえ沸かせれば本格的なエスプレッソを味わえます。

折りたたんで持ち運びが可能


コンパクトになるのはアウトドアでの持ち運びにはもちろん、日に1回や数日に1回しか使わない方にとっては家での保管場所も取らずにメリットだと思います。

電源を使う大型のエスプレッソマシンを購入するほどではないけど、たまに飲みたいという方にはお勧めできます。

私は購入後ほぼ毎日使っていますがそれでもコンパクトでよかったと思っています。

ネスプレッソカプセルにも対応している


コーヒー豆も入れるところにネスプレッソカプセルを入れることで、カプセルからの抽出も可能です。

例えば自宅では置き型のマシンで抽出し、アウトドアではSTARESSO Mini(スタレッソ ミニ)とネスプレッソカプセルを持って手軽に楽しむといった利用方法も可能です。

悪い点

掃除は若干手間


特に大型の手間が少ないタイプと比べると毎回の掃除が若干手間ではあります。

抽出してから分解し清掃、乾燥させるので場所はとっても手間をかけたくない方には自動洗浄機能のついた電動タイプをお勧めします。

1度に1杯分しか抽出できない


コンパクトなのでトレードオフな感じはありますが、1度に1杯分のエスプレッソしか抽出できません。

2杯目を出したい時は豆を入れた部分を分解し、中身を捨ててから再度新しい豆を入れて組み立ててお湯を入れて抽出する必要があります。

毎回複数名分抽出したい方にはお勧めできません。

細かく挽いて強くプレスしすぎると抽出できない


豆を入れる時に細かく挽いて強めにプレスしてしまうとポンプのパワーでは圧力が足りず抽出ができなくなってしまいます。
(もしくはできてもポンプの押し込みに相当な力が必要になります)

少し荒めに挽いた豆を軽くプレスする程度でセットするのであれば問題なく抽出できます。

使用感

ファーストインプレッション


見た目と組み立てて分解する感じがガジェット感がありとても楽しいです。

専用ケースも付いているのでアウトドアでの利用にも良さそうです。

エスプレッソの抽出


実際にエスプレッソを抽出してみます。

本体を分解し銀色のパーツに荒めに挽いたコーヒー豆を入れ軽くプレスしてタンク側にセットします。

コップの上にスリーブを乗せタンクを乗せ規定量(50~80ml)のお湯を入れポンプをセットしたら上から何度か押し込みます。

最初の数回は気圧をためているようで何も抽出されず、抽出が始まってから数回のポンプで抽出が終わり、最後は減圧されてポンプを押し込んでも何も出なくなります。

抽出されたエスプレッソは冷めていることもなく本格的な味わいです。

洗浄


抽出を終えた本体を分解し洗っていきます。

抽出直後など本体や内部の水分が熱い状態だと火傷の危険性もあるので少し置いて冷めてから清掃することをお勧めします。

ポンプ部分を外して気圧を抜いて、豆を捨てて分解しそれぞれ洗っていきます。

油物ではないので軽くスポンジで拭いていくだけでだいぶ綺麗になります。

シャワースクリーンはネスプレッソカプセル用に突起があり結構鋭利なので洗う時に怪我をしないように気をつけてください。

洗浄後の組み立て


洗浄後乾燥したら組み立てをしていきます。

一度組み上げれば覚えられると思いますが細かなステップも写真と共に紹介します。

写真を横にスライドしてご覧ください。

まとめ

電源不要で手軽に本格的なエスプレッソを抽出することができ大満足です。

今の所毎日使っていますが特に不便は感じません。

1日に1杯分だけあれば良い方や数日に1度飲みたくなるというライトユーザの皆様にはとてもお勧めです。

アウトドアでも使ってみたいと思います。

今週の人気記事